シナミザクラ(支那実桜) 



シナミz2



シナミz3



シナミz4



シナミz5


シナミザクラ(支那実桜)
カラミザクラ(唐実桜) 
ダンチオウトウ(暖地桜桃)

分類 : バラ科サクラ属  落葉高木
学名 : Prunus pseudocerasus
原産地 : 中国
特徴 : 樹高は10mほど。
 花は一重の淡紅色又は白色。
 花径は2cmほどで、オシベが長いのが特徴。
 カンヒザクラとともに早春を飾るサクラの一種です。
 5月初旬頃に1.5cmほどのサクランボが熟れます。

名前の由来 : 中国(=支那)原産のサクラということから。
  ダンチオウトウとは、暖い地方でサクランボ(=桜桃)が生ることから。

メモ=中国原産の野生種と日本の野生種ヤマザクラ、オオシマザクラなどとの交配により
  野生種や園芸品種が生まれているとのことで
  写真の花が野生種の植栽か園芸品種かは分かりません。
  また、 山形県を中心として生産される「佐藤錦」などのサクランボは
  ヨーロッパや北西アジアなどに自生するセイヨウミザクラ(西洋実桜)の改良種だそうです。


スポンサーサイト

Posted on 2014/03/06 Thu. 10:52 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« シロバナタンポポ(白花蒲公英)  |  コガモ(小鴨) »

コメント

お返事

petero k さんへ
図鑑によるとシナミザクラの果実は酸味が強いとされていますが
最近では品種改良されているのでしょうか
甘くて美味しいサクランボがなるようです。
ネットで検索すると「ダンチオウトウ」の他に「シナミザクラ」でもヒットしますね。

トッコス爺 #- | URL | 2014/03/07 11:54 * edit *

No title

トッコス爺さん、こんばんは。

同じ花が、わが家でも咲き始めました。
長い間、桜の一種かと思いこんでいたのですが、
つい最近、暖地サクランボではないかと分かっていたのですが、
中国原産のサクラだったのですね。
分かってすっきりです。
ありがとうございました。

petero k #- | URL | 2014/03/06 18:41 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10