ニホンスイセン(日本水仙)八重品種 



スイセンzw4



スイセンzw1



スイセンzw2



スイセンzws


ニホンスイセン(日本水仙)八重品種
セッチュウカ(雪中花)
フサザキズイセン(房咲水仙)

分類 : ヒガンバナ科スイセン属  多年草
学名 : Narcissus tazetta var.plenus
原産地 : 地中海沿岸
特徴 : 古い時代に中国を経由して日本に渡来したものといわれています。
  関東地方以西~四国・九州で野草化しています。
  葉は晩秋から伸びだし、長さ20~40cm、幅1~2cmの線形で
  表面は白粉を帯びます。
  葉の中心から高さ20~40cmの花茎を伸ばし
  その先に5~8個、芳香のある花を横向きに咲かせます。
  花期は長く、12月頃からぽつぽつと咲き始め、4月頃まで咲き続けます。
 ・八重品種は中心部の黄色部分(副花冠)とオシベが花弁化したものといわれています。

名前の由来 : 漢名「水仙」の音読みということです。

メモ=学名のナルッキソスは、ギリシャ神話の美少年の名前。
  泉に映った自分の姿に恋して死に
  その後にこの花が咲いたという話にちなんで付けられたそうです。
  また、タゼッタとは「小さいコーヒー茶碗」のことで、副花冠(黄色の部分)の形から。



 データなどは2月12日投稿記事を加筆修正したものです。



スポンサーサイト

Posted on 2014/02/15 Sat. 13:57 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« オシドリ(鴛鴦)…1  |  うめ(梅)三色 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10