ハシボソガラス(嘴細鴉) 



ハシボソz1-1



ハシボソz1-2



ハシボソz2-1



ハシボソz2-2
右側はおでこが出っ張っていないけど
左の鳥に比べると嘴が太いように見えるのでハシブトガラス…?


ハシボソz2-3


ハシボソガラス(嘴細鴉)

分類 : スズメ目カラス科  留鳥
分布 : 九州以北
生息地 : 主に農耕地のほか河原 雑木林 海岸沿 市街地など
体長(全長) : 約50cm  ハシブトガラスより小さい
特徴 : 主に農村地で生活する身近な野鳥の一種。
  ハシブトガラス(嘴太鴉)と比較すると
  額(ひたい=おでこ)は出っ張らず、嘴(くちばし)が細い。
  また、ハシブト…は、カアーカアーと鳴き
  ハシボソ…はガーガーと濁った鳴き声。
  歩き方は、ハシブト…はピョンピョン跳び歩き
  ハシボソ…は両足を互い違いに出して歩くことが多いそうです。

メモ=下から2枚目の右側の鳥以外の鳥たちも
  額(=おでこ)の出っ張りは見られませんが
  嘴は太いのでハシブトガラスのようにも見えます。
  ハシボソガラスで間違っていたらご指導のほどお願いします。

 家の近くでもハシボソガラスはいつも見かけますから
  「荒尾干潟周辺の野鳥など」のカテゴリに入れる必要はありませんでしたが
  シギたちを探す合間にカラスを撮っていましたので、ここで投稿することにしました。


スポンサーサイト

Posted on 2014/02/04 Tue. 11:08 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« タゲリ(田鳧)…1  |  ソシンロウバイ(素心蝋梅) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10