カンムリカイツブリ(冠鳰)…1 



カンムリニオ1



カンムリニオ2
顔から首にかけての側面に
褐色の縦縞があるのは幼鳥のようです。


カンムリニオ3



カンムリニオ4



カンムリニオ5
小さい方はカイツブリです。



カンムリカイツブリ(冠鳰
 又は 
冠鸊鷉)…1

分類 : カイツブリ目カイツブリ科  北海道で旅鳥  本州、四国、九州で冬鳥
分布 : 九州以北
生息地 : 海岸や海岸に近い湖沼、河川など
体長(全長) : 約56cm  (ハシブトガラスくらい)
特徴 : カイツブリの仲間では最も大きい。
  冬羽は頭頂の黒い冠羽と白い首、白い顔が目立ち
  夏羽は、頭頂の黒く長い冠羽、顔に赤褐色と黒い飾り羽があり
  冬羽では冠羽は短くなり、飾り羽はなくなるということです。
  雌雄同色だそうです。
名前の由来 : 頭頂についた冠羽を冠に見立てたカイツブリということで。

メモ=先日投稿したカワウを撮った干拓地の調整池いた鳥です。
  何回かに分けて投稿します。



スポンサーサイト

Posted on 2014/01/11 Sat. 10:36 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« カンムリカイツブリ(冠鳰)…2  |  冬の荒尾海岸 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10