アキノキリンソウ(秋の麒麟草) 



アキノキリン1



アキノキリン3



アキノキリン2



アキノキリン4


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)
アワダチソウ(泡立草)

分類 : キク科アキノキリンソウ属  多年草
学名 : Solidago virga-aurea var.asiatica
分布 : 北海道~四国・九州
  日当たりのいい山地や草はらなど。
特徴 : 茎は直立し、草丈20~80cm。
  葉は笹のような細長い披針形で、長さ4~9cm、幅1.5~4cm。
  上部で枝分かれした茎の先に穂状となって多数の頭状花をつけます。
  花径は1.3cm内外。
  花の外側には舌状花、内側に筒状花があり、筒状花のみが結実するそうです。
  花期は長く、8~11月。
名前の由来 : 黄色い花が咲く草木を一律にキリンソウと呼ぶそうで、秋に咲くことから。
  なぜキリンソウと呼ぶのかは不明ということです。

メモ=この仲間には、帰化植物のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)があります。


スポンサーサイト

Posted on 2013/11/19 Tue. 10:44 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« カイツブリ(鳰)…2  |  キチョウ(黄蝶) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10