ヨメナ(嫁菜) 



ヨメナ1



ヨメナ4



ヨメナ2



ヨメナy
種子につく冠毛(綿毛)は、 0.5mmにも満たないほどです。


ヨメナ3 


ヨメナ(嫁菜)

分類 : キク科ヨメナ属  多年草
学名 : Kalimeris yomena
分布 : 本州(中部地方以西)~四国・九州
  (関東地方以北で見られるのはカントウヨメナ)
特徴 : 水田の畦や河原の土手、路傍などやや湿り気のある場所に生える。
  人里近くに多く、山地には少ない。
  草丈50~100cm。茎の上方で枝分かれし
  小枝の先に直径3cmほどの花を一つ付ける。
  葉はやや厚く、楕円状披針形で、表面はざらつかず
  縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)があります。
  花期は7~11月と長いです。
  若菜は春の摘菜の代表で、食べられます。
名前の由来 : 若菜は美味しく、しかも優しく美しいからという説があります。
  又、ヨメナの「ヨメ」はネズミの古語で、「ネズミの葉」の意という説もあります。

メモ=この仲間には似たような花があり、特にノコンギク(野紺菊)との区別が付け難いです。
  ヨメナは、種子に付く冠毛(綿毛)が無いに等しく
  ノコンギクには長い冠毛があることが見分けるポイント。
  また、ヨメナの萼片はノコンギクに比べると短い卵形で二段重ねになっています。
  普通『野菊』と呼ばれているのは、ヨメナやノコンギク、ユウガギクなどの総称だそうです。


 データ及びメモは、’11年11月投稿記事を加筆修正しました。


スポンサーサイト

Posted on 2013/11/12 Tue. 11:15 [edit]

CM: 3
TB: --

top △

« ヨモギ(蓬)  |  カイツブリ(鳰)…1 »

コメント

お返事

みんこさんへ
私の周辺で見られるのはヨメナ(嫁菜)の方で
ノコンギク(野紺菊)は見たことがないのですよ。
見つかれば二つの比較をしてみたいのですけど…(´д`)

鍵コメントさんへ
いつもスルーの失礼を重ねておりますのに
暖かいお心遣いを頂き恐縮です。
冬の便りが届くようになると子供たちが戻ってきますね(^^)

トッコス爺 #- | URL | 2013/11/14 11:52 * edit *

No title

嫁菜とノコンギク
葉っぱまで似ていますからね
わたしは「ノコンギク」いっぽんやりで 笑
ちょっと、これからは迷いつつ見ます・・・

みんこ #- | URL | 2013/11/13 12:48 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/11/12 19:40 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08