カラタチ(唐橘) 



カラタチ1


♪ からたちの花が咲いたよ
白い白い花が咲いたよ


カラタチ2
                                                       4月下旬に撮影




カラタチf1


♪ からたちも秋はみのるよ
まろいまろい金のたまだよ


カラタチf2



カラタチ(唐橘 又は 枳殻 枸橘)

分類 : ミカン科カラタチ属  落葉小高木
学名 : Poncirus trifoliata
原産地 : 中国中部
特徴 : 樹高4~5m。
  枝は濃緑色をして角張っています。
  長さ4~7cmの平たくて鋭い刺が互い違いに生え(互生)ています。
  葉より早く、または同時に、刺の付け根に大きさ3.5~5cmの白い5弁花が咲きます。
  花後に3~4cmの球形で濃緑色の実をつけ、10~11月に黄色に熟します。
  果実の表面はビロード状の毛があり、爽やかな芳香があるそうです。
  (背丈より高いところに生っていたので、香りは確かめられませんでした)
名前の由来 : 中国(=唐)から伝わったタチバナ(橘)「唐橘」が詰まったもの。
  因みに、ヤブコウジ科にカラタチバナ(唐橘)という樹木があり、別名は「百両」です。

メモ=以前は、生垣や温州みかんなどの台木として利用されていましたが
  時代の変化とともに、今では両者とも利用されなくなったようです。


スポンサーサイト

Posted on 2013/11/06 Wed. 11:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 再びアサギマダラ(浅葱斑)  |  ’13年(秋)の桜…(子福桜) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10