アサギマダラ(浅葱斑) 



アサギマダラ1


よそ様の庭で、フジバカマ?の花に止まり、吸蜜しているアサギマダラに出合いました。


アサギマダラ2
後ろ翅裏にある黒い斑紋は、オスだけに見られそうです。


アサギマダラ3



アサギマダラ4



アサギマダラ5


アサギマダラ(浅葱斑)

分類 : チョウ(鱗翅)目タテハチョウ科
分布 : 本州~沖縄 但し、移動するので北海道でも見られるそうです。
  1,000m級の高地から平地で見られる。
前翅長 : 45~60mm  開張 : 100mm前後
特徴 : 前翅は黒褐色の地に、後翅は赤褐色の地に
  半透明の淡青色(=浅葱色)の斑紋があります。
  オスは翅を閉じた時に後翅の尾にあたる部分に
  性標といわれる大きな黒斑があります。
  このチョウは移動性が強く、春から夏にかけては北上し
  夏以降は南下して、沖縄や台湾まで渡りをするということです。
名前の由来 : 半透明の翅の斑紋が浅葱色をしていることから。
  浅葱色とは、薄い藍(あい)色、薄青などの古称だそうです。

メモ=ブログを立ち上げて約9年(FC2に引っ越す前はクルル)になりますが
  このチョウと一度は出合い、カメラに収めたいと思い続け、やっと願が叶いました。


スポンサーサイト

Posted on 2013/10/28 Mon. 10:55 [edit]

CM: 5
TB: --

top △

« カタバミ(傍食)  |  クビキリギス(首螽斯) »

コメント

お返事

いこさんへ
秋の渡りの時はフジバカマやヒヨドリバナなどのキク科の花によく集まるそうですね。
でも、今までヒヨドリバナの咲く山公園に何度も出向いていましたが
出合う機会がありませんでした。
アサギマダラは渡りをすることで有名で、ニュースの話題に上がりますよね。

みんこさんへ
やっと目の前に現れてくれ、何度もシャッターを押しました。
これぞ撮っておき!です(*゚▽゚*)
野鳥の数千キロの渡りは珍しくないですけど
ひらひらと飛ぶチョウが数千キロの旅をするとは驚きですね。

星乃裕華さんへ
アサギマダラをこの目で見たのは初めてで、とても嬉しかったです。
この花は葉の裂け具合からフジバカマかなと思ったのですが
茎の下方には5~6枚の輪生した葉が見えますのでヨツバヒヨドリだったのですね。

syouko さんへ
メモ帳をめくったら、クルルで立ち上げたのが’04年7月でしたから
足掛け10年にます。
あの頃から比べると足の運びは鈍くなるし、視力も気力も衰えてきました。
でも、細々でも続けているから、このような嬉しい出合いがあるのかもしれませんネ(^^)

トッコス爺 #- | URL | 2013/10/30 12:36 * edit *

No title

アサギマダラに会いたくて庭にフジバカマを植えて3年になりますが、まだお目にかかれません。広島の姉が最近まで住んでいた家の庭にはよく来ていたそうです。
いいですねえ。羨ましい。
アサギマダラファンの人たちはその飛来ルートの研究のため、羽にサインペンでマークしネットで情報交換するそうです。自分のマークのアサギマダラが遠くの土地で目撃されたりして興味深いそうですよ。

いこ #- | URL | 2013/10/29 23:03 * edit *

No title

祈願成就、良かったですね~
とっておき(撮っておき)の画像ですね
2000キロの旅の記録がいくつかあるみたいですね

みんこ #- | URL | 2013/10/29 20:30 * edit *

アサギマダラ!

初めましてこんばんは。
アサギマダラ、美しいですね~(^-^)。
やっぱりこのチョウ、ヨツバヒヨドリに来ますね。

星乃裕華 #23tr8otU | URL | 2013/10/28 22:03 * edit *

No title

もう9年になるのですか・・・
本当に真面目な人柄の表れるブログで 一杯勉強させていただきました

このアサギマダラ なんて綺麗な蝶なんでしょう!
首?の所のドット模様も本当に素敵
もちろん羽の独特の風合いが何とも言えませんね

トッコスさんの念願が叶って本当に良かった!
おめでとうございます

syouko #- | URL | 2013/10/28 15:54 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08