アキノノゲシ(秋の野芥子) 



アキノノゲシ1



アキノノゲシ2



アキノノゲシ4



アキノノゲシ5


アキノノゲシ(秋の野芥子 又は 秋の野罌粟)

分類 : キク科アキノノゲシ属  1年草、又は2年草
学名 : Lactuca indica ver.laciniata
分布 : 日本全土
  日当たりのいい山野、田畑の土手、空き地などに生える。
特徴 : 草丈50~200cm。
  葉は逆向きの羽状に深く裂け、長さ10~20cm。
  茎の先に枝を広げ、多数の花を円錐状に付けます。
  花径は2cmほどで、舌状花だけでできています。
  花が開くのは日中だけで、夜や雨の日はつぼんだまま。
  花期は8~11月と長いです。
名前の由来 : 春に咲くノゲシ(野芥子=別名ハルノノゲシ)に似ることから。

メモ=葉には変異が多く、切れ込む度合いに差があったり
  全く裂けず、細い刀状のものもあり
  これをホソバアキノノゲシ(細葉秋の野芥子)として区別することもあるそうです。

※ データ等は’10年投稿記事を修正しました。


スポンサーサイト

Posted on 2013/10/06 Sun. 10:55 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ヤブラン(薮蘭)  |  フォックスフェイス »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
お気遣いありがとうございます。
TVで騒ぐほど雨、風ともたいしたことなく
無事通過してくれました。
こんなブログですが、いつも見に来てくださる方がいて感謝しています。
おほめのコメントを頂き、有難うございます。

トッコス爺 #- | URL | 2013/10/10 11:20 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/09 10:41 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10