シラハギ(白萩) 



シロハギ1



シロハギ2



シロハギ3



シロハギ4


シロバナヤマハギ(白花山萩)
シロバナハギ(白花萩)
シラハギ(白萩)
栽培種

分類 : マメ科ハギ属  落葉低木
学名 : Lespedeza bicolor f.albiflora
     Lespedeza thunbergii var.albiflora
    シロバナヤマハギは、ヤマハギ(山萩)の白花種
     シロバナハギは、ミヤギノハギ(宮城野萩)の変種ということで
    学名は併記しました。
特徴 : 樹高は1~3m。
  シロバナヤマハギの枝先は垂れ下がらず(枝垂れず)
  シロバナハギはミヤギノハギの変種ということで、枝先が垂れ下がるそうです。
  両者とも葉は3出複葉で、小葉は楕円形をして長さ2~6cm。
  枝の腋から長い総状花序といわれるものを出し、白い蝶形の花を咲かせます。
  花の長さは1.5cm位です。

メモ=ハギの種類は多くて、素人では名前の見極め(同定)が難しいです。
  白花のハギは、ミヤギノハギの変種だけだと思っていたら
  ヤマハギにも白花の品種があることを知り
  写してきた花はどちらとも判断できず、二つの名前を併記しました。
  
(記憶をたどると、枝先は垂れ下がっていなかったような…?)


スポンサーサイト

Posted on 2013/10/04 Fri. 10:50 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« フォックスフェイス  |  オオホシカメムシ(大星亀虫) »

コメント

お返事

Xin さんへ
ハギにはいくつかの種類があり、名前の見極めが難しいですね。
ヤマハギとミヤギノハギの手っ取り早い見分け方としては
ヤマハギの葉っぱは楕円形のずんぐり形
ミヤギノハギはスマートな楕円形で葉の先端は尖っています。
ということで、この花はヤマハギの白花品種かな?と思っています。

他にも萼片の形で見分けることもできるそうですけど
二つを並べて比較し、説明してもらわないと判りづらいです。

トッコス爺 #- | URL | 2013/10/05 12:04 * edit *

今晩は。

毎回興味深く拝見しています。
美しいお写真とそれに添えられている説明に勉強させていただいています。

萩は見分け方がよく分からず、我が家ではヤマハギと言ったりミヤギノハギと言ったり毎年花が咲くたびに迷っている始末です。

同じ株でも枝が枝垂れていたり、天高く上を目指したりしています。
今年はついにただの「ハギ」ということに・・・。

Xin #D7pV3LqI | URL | 2013/10/04 23:05 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08