ヒダカミセバヤ(日高見せばや) 



ミセバヤy2



ミセバヤy3



ミセバヤy4



ミセバヤy5


ヒダカミセバヤ(日高見せばや)
栽培種

分類 : ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属  多年草
学名 : Hylotelephium cauticolum (=Sedum cauticolum)
分布 : 北海道日高、十勝地方の固有種
特徴 : 地下茎を這うように伸ばし、茎は斜上して垂れ下がります。
  草丈10~15cmほど。
  葉は2cm内外の卵形で多肉質。
  茎の先端に桃色の小花を密集して咲かせます。
  花径は6mm前後。
名前の由来 : 北海道日高地方で発見されたミセバヤということで。

 データは昨年投稿の記事からの転写で、少し修正しました。

メモ=ミセバヤより茎の長さ、葉の長さなど草全体が小形で
  ミセバヤの花は、小さな花が半球状にかたまって咲きますが
  ヒダカ…はほぼ平面に咲き、開花は1~2ヵ月ほど早いです。
  因みに、ミセバヤはやっと蕾が膨らみ始めたところです。


スポンサーサイト

Posted on 2013/10/01 Tue. 09:21 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« オオケタデ(大毛蓼)  |  カネタタキ(鉦叩)♀ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10