タンキリマメ(痰切豆) 



タンキリマメ1



タンキリマメ3



タンキリマメ4



タンキリマメz


タンキリマメ(痰切豆)

分類 : マメ科タンキリマメ属  つる性多年草
学名 : Rhynchosia volubilis
分布 : 本州(関東地方以西)~沖縄
  日当たりのいい沿海地から低山地にかけての林縁、草地などに生える。
特徴 : 周囲の木や草などに巻き付き成長します。
  茎には下向きの短毛があります。
  葉は3出複葉で、小葉は菱状卵形又は広い卵形の長さ3~6cm、幅2~5cm。
  葉の腋から花軸を立て、5~20個の黄色の蝶形花を咲かせる。花の長さ9mm前後。
  花後にできる豆の莢は平たい楕円形で長さ12~15mm、幅8mm。
  紅色に熟し、中に黒色の種子(豆)が2個入っています。
名前の由来 : この豆を食べると「痰(たん)が切れる」という意だそうですが
  薬効については不明らしく、俗説ともいわれています。

メモ=類似の仲間にトキリマメ(吐切豆)があり
  タンキリマメとの違いは
  葉っぱの先が細くて尖っていればトキリマメだそうです。


スポンサーサイト

Posted on 2013/09/24 Tue. 10:55 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« タマムシ(玉虫)  |  ヌマガエル(沼蛙) »

コメント

お返事

翔子さんへ
タンキリマメもトキリマメも同じような名前の由来ということです。
薬効は定かではないそうですが、何らかの効用はあるのかもしれませんね(^^)

トッコス爺 #- | URL | 2013/09/25 17:10 * edit *

No title

面白いですね
でも、昔は痰切りに使われたのかもしれないですね

翔子 #- | URL | 2013/09/25 14:05 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08