イノコズチ(猪子槌) 



イノコズチz1


↑ ↓ 2枚は林の日陰に生えていたのでイノコズチと思います。


イノコズチz2




イノコズチy2


↑ ↓ 2枚は日当たりのいい空き地に生えていて
葉の縁が波打っていたので
上2枚とは違ったヒナタイノコズチと思います。
(間違っていたら宜しくご指導のほどお願いします)


イノコズチy1


イノコズチ(猪小槌 又は 牛膝)
ヒカゲイノコズチ(日陰猪小槌)

ヒナタイノコズチ(日向猪小槌)

分類 : ヒユ科イノコズチ属  多年草
学名 : Achyranthes japonica =イノコズチ(ヒカゲイノコズチ)
     Achyranthes fauriei = ヒナタイノコズチ
分布 : 本州~沖縄
  イノコズチは山野の林縁や林下の日陰に生え
  ヒナタイノコズチは日当たりのいい道端や荒れ地などで多く見られる。
特徴 : 草丈50~100cm。
  葉は長楕円形で長さ5~15cm。
  イノコズチは花茎に少し毛が生える程度
  ヒナタイノコズチは花茎に白い毛がびっしり生える。
  葉の腋から長さ10~20cmの穂状花茎を伸ばし、小さな花をつける。
  花後にできる果実には刺(とげ)があり、下を向きます。
  動物や人の衣服などにくっついて運ばれます。
名前の由来 : 茎の節が膨(ふく)れるのを
  イノシシ(猪)の膝頭(ひざがしら)、又は踵(かかと)に見立てて。

メモ=イノコズチとヒナタイノコズチはよく似た野草です。
  見分け方は、日陰に生え、花のつき方がまばらなものがイノコズチで
  日当たりのいい場所に生えていて、茎は赤褐色を帯びて太く
  見るからにがっしりとしていれば、ヒナタイノコズチということです。


スポンサーサイト

Posted on 2013/09/19 Thu. 10:15 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« クズ(葛)  |  ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08