fc2ブログ

キタキチョウ(北黄蝶)


キチョウ23-1z

↑ ↓ わずかに広げた翅から見える表前翅先端の黒帯はほとんど消失していたので
秋型のキタキチョウだと思います。

キチョウ23-2z


キチョウ23-3z


キチョウ23-4z


キタキチョウ(北黄蝶)

分類 : チョウ(鱗翅)目シロチョウ科
分布 : 本州(秋田県、岩手県以西)~沖縄  
 低山地から平地の林の縁、河原などの他、都市部の公園などでも見られます。
前翅長 : 20~27mm   開張 : 35~45mm
特徴 : 翅を広げて止まることは滅多になく
 表翅模様は透かして見える程度です。  
 図鑑によれば、表翅は鮮やかな黄色で
 夏型では前翅の先端は黒帯が目立ち
 秋型は外縁黒帯はほぼ消失し、翅頂にわずかに残るのみだそうです。
 裏翅は表面より薄い黄色で、黒帯はなく
 褐色の細い点模様が不規則に散らばり、斑点には個体差があるようです。
 幼虫の食草はマメ科のメドハギやネムノキなど。
 成虫で越冬するため、春に見られるのは秋型が越冬した個体だそうです。

名前の由来 : 名前そのままのチョウですが
 近年になり奄美大島以南に分布するキチョウと区別するため
 キタキチョウの名前になりました。

メモ=古い図鑑では単にキチョウとだけ掲載されていますが
 今では、キタキチョウとミナミキチョウ(南黄蝶)の2種に区別されています。
 ミナミキチョウは奄美大島以南の南西諸島に分布。
 キタキチョウとミナミキチョウの区別は素人では識別困難だそうです。
 また、この仲間には絶滅危惧種のツマグロキチョウ(褄黒黄蝶)がいます。
 ツマグロ…は、前翅の先端は角張り
 後翅の裏は褐色味を帯び、褐色の条が2本あるそうです。



データは2020年11月投稿記事に少しだけ加筆修正しました。


スポンサーサイト



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード