fc2ブログ

ディル


ディル23-1z


ディル23-2z


ディル23ー3z


ディル23-5z


ディル
イノンド
ジラ(蒔蘿)

分類 : セリ科イノンド(アネテゥム)属  1~2年草
学名 : Anethum graveolens
原産地 : 西南アジア~中央アジア
特徴 : 茎は中空で直立し、やや枝分かれして、草丈50~100cm。
 葉は2~3回奇数羽状複葉で、小葉は糸状。
 花は茎先に小花が半球形(約10cm)に集まり(複合散形花序)
 花径2mmほどの花を沢山咲かせます。小花の花弁は内側に巻いています。
 種子は5mm前後の扁平な楕円形。
 葉や種子は薬味や生薬として利用されます。

名前の由来 : ディルは英名(=dill)で
 古いスカンディナビア(ノルド)語の「和らげる」とか「なだめる」から。
 ノインドは、スペイン語のイネルドとか、ポルトガル語のエンドロが転化したものだそうです。
 また、ジラ〈蒔蘿)は中国から渡ってきたときの生薬名。

メモ
=ディルはBC5,000年ともBC3,000年ともいわれる前から
 栽培が始まった古い薬草の一つだそうで
 乳幼児の夜泣きや吃逆(しゃっくり)止めなどの治療薬に使われていたそうです。
 今では鶏、魚料理などに利用され、ピクルスには欠かせないハーブだそうです。


データなどは2022年7月投稿記事からの転載です。
 2.この暑さで、花撮り散歩を控えていることもあり
  昨年より少しましな花の姿が撮れたのではないかと思い
  2年続けてですが、同じ花を投稿することにしました。


スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード