fc2ブログ

ヒイラギナンテン(柊南天)


ヒイラギナンテン23-1z


ヒイラギナンテン23-2z


ヒイラギナンテン23-3z


ヒイラギナンテン23-4z


ヒイラギナンテン23-5z


ヒイラギナンテン(柊南天)
トウナンテン(唐南天)

分類 : メギ科メギ属  常緑低木
学名 : Mahonia japonica
原産地 : 台湾 中国 ヒマラヤ
特徴 : まばらに枝分かれし、樹高1~3m。
 葉は奇数羽状複葉で、茎の先に集まって互生します。
 小葉は卵形披針形をした革質で、光沢があり、長さ4~9cmです。
 葉の先は針状にとがり、葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)があり
 鋸歯の先は針状に尖っているので触ると痛いです。
 茎の先に10~15cmの総状の花序(花穂)を出し
 黄色の径7mm前後の6弁花を多数咲かせます。
 初夏から秋にかけて径7mmほどのほぼ楕円形をした果実が
 黒紫色に熟れ、白い粉をふきます。
 学名の種小名は japonica となっていますが、日本には自生種はなく
 江戸時代初期頃に渡来したといわれています。

名前の由来 : ヒイラギのように葉にトゲがあり
 実のなり方が同じメギ科のナンテンに似ていることから。
 別名のトウナンテンとは、中国から渡来したから。

メモ=花は6つの萼片と6つの花弁からなり
 太い1本のメシベを囲むように6本のオシベがあります。
 外側のオシベに触れるとメシベの方に動くそうです。
 これは昆虫が花に訪れると、体に花粉を付着させ
 他の花へと運ばせる巧妙な働きだそうです。




データなどは2019年2月投稿記事に加筆修正しました。


スポンサーサイト



プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード