fc2ブログ

ソシンロウバイ(素心蠟梅)その3 (終)


ソシンロウバイ23-10z


ソシンロウバイ23-11z


ソシンロウバイ23-12z


ソシンロウバイ23-13z


ソシンロウバイ23-14z
当画像は「その1」よりひと月遅れの2月4日に写したものです。
花径は一回り小さく、ころころした雰囲気の花でした。
2日ほど前の散歩の途中で、やっと蕾が出かかったソシンロウバイの木を見かけました。


ソシンロウバイ
(素心蝋梅)その3(終)

分類 : ロウバイ科ロウバイ属  落葉低木
学名 : Chimonanthus praecox f.concolor
原産地 : 中国
特徴 : 樹高2~4m。
 葉は長さ15cmほどの卵形又は卵状楕円形で、先は尖ります。
 葉が出る前に芳香のある淡黄色で蝋質の花を下向き又は横向きに咲かせます。
 花径はロウバイよりやや大きく2~3cm。
 花の中心部が暗赤紫色をしたロウバイ(蝋梅)の園芸品種といわれています。
 ロウバイとの違いは、花の中心部に暗赤紫色が入らず
 透き通るような黄色一色で、これが「素心」の理由となっていますが
 中心部に薄い紫褐色が入る品種もあります。

名前の由来 : ロウバイとは花弁が蝋(ろう)細工のようでウメに似た花を咲かせるからという説や
 臘月(ろうげつ=陰暦12月)に咲くウメに似た花からという説もあります。
 園芸界で使われるときの「素心(そしん)」は、他の色が混じらない状態をいうそうです。

メモ=庭などで栽培されているのを見ていると
 花色の濃いもの、薄いもの、花弁の細長いもの、丸っこいもの
 花弁が平開するもの、半開きするものや
 開花が早いもの、遅いものなど多種多様な品種を見かけます。
 こうした品種が生まれている一つの理由として、実生生産されているものが多いから
 花に変化が出てくるのだそうです。
 代表的な品種には花の中心部に暗赤紫色の輪が入ったものをマンゲツロウバイ(満月蝋梅)
 花径が大きいものをトウロウバイ(唐蝋梅)というそうですが
 素人ではその見分けはつきません。



データは2022年2月投稿記事からの転載でです。
 但し、メモだけ加筆修正しました。


スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード