fc2ブログ

クリスマスローズ・ニゲル


クリスマスローズ23-1z


クリスマスローズ23-4z


クリスマスローズ23-3z
↑ 3葉、1月中旬撮影


クリスマスローズ23-5z
1月下旬撮影


クリスマスローズ23-6z
2月中旬撮影


クリスマスローズ・ニゲル
ヘレボルス・ニゲル
(学名読み)

分類 : キンポウゲ科ヘレボルス(クリスマスローズ)属  常緑多年草
学名 : Helleborus niger
原産地 : 中、南ヨーロッパの高山地帯
特徴 : 草丈20~30cm。
 葉は厚みのある掌状複葉で長さ15~20cm。
 小葉には鋸歯があったりなかったりします。
 根元から太い花茎を7~20cm伸ばし、花径4~8cmの白色の花を咲かせます。
 開花期は12~1月です。(レンテンローズは2~3月)
 花弁のように見えるのは萼(がく)で、花弁は退化してオシベの周りにあります。
 白色をした萼は咲き進んでも残りますが、次第に赤味を帯びていきます。
 原種は一重咲きということですが、園芸品種には半八重咲きなど多数あるそうです。

名前の由来 : 12月のクリスマスの頃から咲き始めるから。
 別名のヘレボルスとは、ギリシア語の殺すと食べるの合成語で、毒草だからという説があり
 ニゲルとは、根が黒いことから。

メモ=開花時期が少し遅いレンテンローズなど
 ヘレボルス種全体をを総称してクリスマスローズと呼ばれますが
 正確にいえばクリスマスローズとは12月頃から咲き始める
 花色が白いニゲル種のことだそうです。



※1.データなどは2022年2月投稿記事に加筆修正しました。。
※2.数年前からこのニゲル種を探していて、やっと昨年買い求めました。
 温暖地での夏越しは難しいとされていましたが
 うまく夏越してくれ、1月に花が咲きました。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード