fc2ブログ

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)


ママコノシリ22-3z


ママコノシリ22-4z


ママコノシリ22-1z


ママコノシリ22-2z


ママコノシリ22-5z


ママコノシリヌグイ(継子の尻拭)
トゲソバ(棘蕎麦)

分類 : タデ科イヌタデ(タデ)属  半つる性1年草
学名 : Polygonum senticosum
分布 : 日本全土  
 山野の林縁や道端、河岸、海辺など至る所に生える。
特徴 : 茎は四角張ってつる状になり
 下向きの刺(とげ)で周囲のものに引っかかり
 上に伸びたり、匍匐しながら1~2mに伸びます。 
 葉は三角形~ほこ形で、長さ4~8cm。
 葉の基部に丸く小さな托葉といわれるものが取り巻いています。
 葉の裏の主脈にも刺があります。
 花は茎先に金平糖(こんぺいとう)状にかたまって付きます。
 淡紅色の花弁のように見えるのは萼(がく)で、花径は4~6mmほど。
 花期は長く7~10月頃まで咲き続けます。

名前の由来 : 刺のある茎や葉で継子(ままこ)の尻を拭うという意。
  (なんともおぞましい名前の野草ですが、花は可愛いです)
 トゲソバとは、全体に刺があり、花や実がソバ(蕎麦)に似ていることから。

メモ=この仲間にはアキノウナギツカミ(秋の鰻掴)
 イシミカワ(石実皮)、ミゾソバ(溝蕎麦)などがあり
 その中でもこの草は特別に刺が鋭く、素手で掴むと痛い目にあいます。




データは2019年10月投稿記事に加筆修正しました。

スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード