fc2ブログ

レンギョウ(連翹)


レンギョウ22-3z


レンギョウ22-1z

↑ 見えにくいですが、葉の鋸歯(ぎざぎざ)は上半分止まりで

↓ メシベはオシベより長いのでシナレンギョウのようです。

レンギョウ22-2z


レンギョウ22-4z


レンギョウ(連翹)

分類 : モクセイ科レンギョウ属  落葉低木
学名 : Forsythia viridissima =シナレンギョウ
 Forsythia koreana =チョウセンレンギョウ
 Forsythia suspensa =レンギョウ
原産地 : シナレンギョウとレンギョウは中国
 チョウセンレンギョウは朝鮮半島
特徴 : 庭木や公園樹として植えられるのは
 シナレンギョウ、チョウセンレンギョウ、レンギョウの3種がほとんど。
 この3種の見分け方は図鑑によって多少の違いがありますが
・シナレンギョウは、若葉と花が一緒に出ていて、メシベがオシベより長く
 葉は先端のみ鋸歯がある。
・チョウセンレンギョウは、葉より先に花が咲き、花の盛期が過ぎた頃から葉が出て
 オシベがメシベより長く、葉の基部まで鋸歯がある。
・レンギョウは、花が先に咲いて葉が出ておらず、花弁が丸っこく、メシベがオシベより長い。
 いずれの品種も放置すると2~3mになるようですが、庭木などは剪定して樹高を抑えられます。
 葉は、先が尖った長楕円形~長卵形の長さ4~8cm。
 花は4弁花で径2.5cmほど。

名前の由来 : 漢名の音読みから。
 しかし、レンギョウの中国名は「黄寿丹」だそうで
 中国から日本に伝わったときオトギリソウ科トモエソウと名前を取り違えたそうです。

メモ=日本に自生するヤマトレンギョウ(大和連翹)もあるそうですが
 花数が少ないので園芸用としては流通していないようです。
 他に、シナレンギョウとチョウセンレンギョウの交雑種も普及しているそうです。



データなどは2012年4月投稿記事に加筆修正しました。



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
02 | 2022/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード