fc2ブログ

ジョウカイボン(浄海坊)


ジョウカイボン1z

 捕まえたら噛みつかれましたが、噛む力は弱く
 カミキリムシから噛まれるほど痛くはありませんでした。

ジョウカイボン3z


ジョウカイボン2z


ジョウカイボン4z


ジョウカイボン5z


ジョウカイボン(浄海坊)

分類 : 甲虫(鞘翅)目ジョウカイボン科
体長 : 18mm内外
分布 : 北海道~九州・屋久島
 林の周辺、草原、人家周辺などで見られる。
特徴 : ホタルに近い仲間だそうで
 体は細長くて翅は柔らかく、全体に灰色の毛が生えていて、触角が長い。
 一見するとカミキリムシと見紛います。
 前胸背両面、上翅、脚は黄褐色をしていて
 上翅の会合部が黒いもの、翅端部分が黒いものや全体が黒いものなど
 地域差があるそうです。
 葉っぱにとまっていることが多いそうですが
 飛翔力が高く、飛び回っていることもあるそうです。
 成虫も幼虫も他の昆虫を食べる肉食性。

名前の由来 : 浄海坊(じょうかいぼん)とは、平清盛が出家して名乗った僧侶名。
 由来についてはややこしく…というか?
 この虫に似たカミキリモドキがいて、この虫から刺されると火傷をしたような炎症を起こすそうです。
 この虫とジョウカイボンが混同され
 熱病で苦しんだ浄海坊(平清盛の出家した後の名前)の名前と結びつけたという説がありましたが
 詳細は不明という説もありました。

メモ=初めて出合った昆虫で、名前を調べる際に、てっきりカミキリムシの仲間だろうと
 そこばかりを手繰っていましたが、なかなか見つからず、一度は諦めましたが
 念のため、別の甲虫を調べ直したら、この虫が見つかりました。




スポンサーサイト



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード