fc2ブログ

2020年晩秋~初冬・東よか干潟の野鳥など…1



ヒガシヨカ20-a-4z


ヒガシヨカ20-a-1z



ヒガシヨカ20-a-2z



ヒガシヨカ20-a-3z



ヒガシヨカ20-a-5z


2020年晩秋~初冬・東よか干潟の野鳥など…1
シチメンソウ(七面草)

分類 : アカザ(ヒユ)科マツナ属  1年草
学名 : Suaeda japonica
分布 : 有明海沿岸の限られた地域
特徴 : 満潮時に海水が入ってくる泥質地に生える塩生植物。
 横に枝を出し、草丈10~30cm。
 葉は肉質の細い円柱形で、長さ5~35mm、幅5~25mm。
 花は葉の腋に1個、夏~秋に咲く。
 環境省の絶滅危惧Ⅱ類(VU)指定。

名前の由来 : 葉が緑色~赤色~紫色に変化するのを七面鳥の顔に例えた。


データは2019年11月投稿記事からの転載です。




メモ=佐賀県佐賀市東与賀町の干潟は国内唯一のシチメンソウ群生地として知られ
 毎年、紅葉する秋には「海の紅葉」を見学に、数万人の人々が訪れていたそうです。
 しかし、2年前に原因不明の立ち枯れにより、群生地は壊滅状態に陥りましたが
 官民一体となった努力が実り、今年は3年振りに往年の群生地として蘇りました。

●東よか干潟は、シギ、チドリなどが渡来する全国有数の渡来地といわれています。
 今年の春に続き、晩秋から初冬にかけここの干潟で見られる水鳥たちを観に行きました。
 何度もシャッターは切ったものの、鳥たちの名前を正確に見極めることはできませんでしたが
 数回に分けて投稿することにします。



スポンサーサイト



テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード