fc2ブログ

2019年初夏・荒尾干潟の野鳥たち…1


アラオヒガタ19s-1z
潮が引き始めるまでは休憩しています。
画面上部にはチュウシャクシギ、オオソリハシシギがいて
下の方にはキョウジョシギが見えます。


アラオヒガタ19s-3z
潮が引き始めると動きだし
ゴカイやカニ、貝類などを漁り始めます。


アラオヒガタ19s-2z


大型の嘴が下に曲がっているのはチュウシャクシギで
上に反っているのはオオソリハシシギ。
小型の鳥で腹部が黒いのはハマシギです。


アラオヒガタ19s-6z



アラオヒガタ19s-4z



アラオヒガタ19s-5z
顔面から腹部にかけて黒いのはダイゼンです。


2019年初夏・荒尾干潟の野鳥たち…1

月上旬、荒尾干潟に訪れる野鳥たちを見に行きました。
荒尾干潟までは爺さんのボチボチ運転で40分ほどの所です。

荒尾干潟は2012年にラムサール条約湿地に登録された干潟で
シギ、チドリ類の渡来数は
佐賀県佐賀市東与賀町の大授搦(だいじゅがらみ)に次ぐ多さだそうです。
ここを訪れるシギ、チドリたちの多くは
越冬地のオーストラリアやニュージーランドから
繁殖地のシベリアやアラスカへ渡る途中の中継地として
日本の干潟や水田などに立ち寄り、しっかり栄養補給をし
春は北方へ、秋は南へと旅をするということです。

春の渡りのシギ、チドリたちを投稿していきます。
変わり映えしない画像になりますが、お付き合い下さると有り難いです。



スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード