fc2ブログ

アイラトビカズラ(相良飛び葛)


トビカズラ19-1z


熊本県山鹿市菊鹿町に「相良のアイラトビカズラ」を見に行きました。


トビカズラ19-2z



トビカズラ19-3z



トビカズラ19-4z



トビカズラ19-5z


アイラトビカズラ(相良飛び葛)
トビカズラ(飛び葛)

分類 : マメ科トビカズラ属  つる性常緑高木
学名 : Mucuna sempervirens
分布 : 熊本県山鹿市菊鹿町相良地区
 長崎県佐世保市九十九島時計(とこい)
 熊本県天草市倉岳町
特徴 : 幹は灰白色で太く、蔓(つる)は周囲の木や竹に絡まり伸びます。
 葉は3個の小葉からなる3出複葉で、小葉の長さ7~15cm、幅6cmほど。
 花は太い枝から長さ15~20cmの総状花序(ブドウ状の花)を垂らし
 長さ6~8cm、幅3cmほどの蝶形花を10~20個咲かせます。
 独特の匂いと多量の蜜がありますが、通常の状態では結実しないそうです。

名前の由来 : 相良に自生しているトビカズラということから。
 トビカズラとは、源平合戦の頃のこの地方に伝わる伝説によるようです。

メモ=熊本県山鹿市菊鹿町相良の木は樹齢1000年以上といわれ
 「相良のアイラトビカズラと」して、国の特別天然記念物に指定されています。
 手元の図鑑には、自生種は日本ではここ1カ所だけと書かれていますが
 2000年に長崎県佐世保市の無人島でこの木と同じものが見つかり
 2010年に熊本県倉岳町でも確認されたそうです。



データなどは2011年5月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード