fc2ブログ

タシギ(田鴫)



タシギ19-1z



タシギ19-2z



タシギ19-3z



タシギ19-4z


タシギ(田鴫 又は 田鷸)


自宅の横を流れる幅3メートルほどの小川に
タシギが1羽佇んでいるのを見つけました。
今まで3度、このタシギを投稿していますが
今回は思いっきり寄らせてくれたので、きれいな姿が撮れました。





分類 : チドリ目シギ科  本州以南で冬鳥 北日本で旅鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 水田、湿地、沼池など
体長(全長) : 約27cm  ヒヨドリくらい
特徴 : 全身は複雑な斑紋模様で覆われ
 体上面は黒褐色味が強く、肩羽の白っぽい連なりが線状になっています。
 枯れ草の中では周囲に溶け込む保護色になっています。
 長い嘴(くちばし)を泥の中に差し込み、ミミズや甲殻類などの小動物を食べる。

名前の由来 : 名前の通り、田んぼで多く見かけるシギということから。

メモ=タシギは北半球の高緯度地帯で繁殖し
 冬はオーストラリアを除く世界各地の暖地に移動するそうです。
 九州中部では春秋の渡りの時期と冬季に見られるので
 旅鳥又は冬鳥になっています。
・冬鳥として毎年見かける野鳥ですが
 昼間は湿地に潜んでいるため、見つけるのが大変難しく
 水田などの溝脇を通っていると突然「ジエッ」とか「ジュイッ」と鳴いて飛び立ちます。



データなどは2017年2月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード