fc2ブログ

ヒイラギ(柊)



ヒイラギ18-1z


↓  葉に斑が入っているフイリヒイラギ(斑入り柊)です。
ヒイラギ18-2z


↓  2枚は同じ木で、昨年実った果実が残っていました。
ヒイラギ18-3z



ヒイラギ18-5z


ヒイラギ(柊 又は 疼木)
庭木植栽

分類 : モクセイ科モクセイ属  常緑小低木
学名 : Osmanthus heterophyllus
分布 : 本州(福島県以西)~四国・九州(祖母山)~沖縄の山地に生える。
特徴 : 樹高4~8m、雌雄異株。
 葉は長さ4~7cmの楕円形又は卵状長楕円形で、先端はトゲ状に尖ります。
 葉の縁は鋭いぎざぎざ(鋸歯)が2~5対あります。
 老木になると葉のトゲがなくなり、のっぺりした楕円形になります。
 11~12月に、葉の腋(わき)に芳香のある径5mmほどの白い花が
 束状にかたまって咲きます。
 雄株の花は2本のオシベが目立ち
 雌株の花はメシベの花柱が発達して実を結びます。
 果実は長さ15mmほどの楕円形で、翌年の6~7月に黒紫色に熟します。

名前の由来 : 葉のトゲ(刺)に触ると痛むので
 古語の「疼(ひいらぐ)=現在では『うずく』」が転訛してヒイラギになったそうです。

メモ=古くから魔除けの木として知られ
 表鬼門(北東)にヒイラギ、裏鬼門(南西)にナンテンを植え、鬼門除けにされます。
・クリスマスの飾りとして使われる赤い実のなるセイヨウヒイラギ(西洋柊)は
 モクセイ科ではなくモチノキ科の樹木です。




データなどは2016年11月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト



テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード