fc2ブログ

コチドリ(小千鳥)幼鳥又は冬羽



コチドリ18y-4z



コチドリ18y-2z



コチドリ18y-3z



コチドリ18y-1z


コチドリ(小千鳥)幼鳥又は冬羽


分類 : チドリ目チドリ科  九州以北で夏鳥又は旅鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 水田 河原 湖沼など
体長(全長) : 約16cm   スズメとヒバリの中間ほど
特徴 : 夏羽の頭頂部と体上面は褐色をして
 顔と首周りに黒色帯があり、黄色いアイリングがはっきりしています。
 幼鳥又は冬羽の胸の帯や過眼線は茶色っぽく
 顔と首周りの黒色帯はありません。
 アイリングはあるが、夏羽のようなはっきりした黄色ではなく薄い色。
 昆虫やミミズを食べ、小走りと静止を繰り返し
 真っ直ぐに進まないことから「千鳥足」はこの歩き方が語源になっているとか…?

名前の由来 : 日本のチドリ類では最小なことから。
  この仲間のシロチドリの大きさは約17cm、メダイチドリは約19cm。
  シギの仲間のトウネンは約15cmです。

メモ=図鑑によると幼鳥と冬羽は似ているけど
 幼鳥にはサブターミナルバンドがあると書かれていますが
 私にはその区別がつかないので、幼鳥又は冬羽として投稿しました。



データは2017年5月投稿記事に加筆修正しました。
 夏羽のコチドリは太字のコチドリをクリックすると
 別窓で夏羽のコチドリが開きます。



スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード