fc2ブログ

ニホントカゲ(日本蜥蜴)



トカゲ18-2z



トカゲ18-1z



トカゲ18-3z



トカゲ18-5z
お隣の壁とガス管にかぶせてある雑巾の上をうろちょろしている姿を見つけました。


ニホントカゲ(日本蜥蜴 又は 日本石竜子)幼体

分類 : 爬虫類  有鱗目トカゲ(スキンク)科
体長 : 20~27cm (頭と胴の長さ8cm前後、尾の長さ13cm前後)
分布 : 北海道~四国・九州
  海岸付近から山地にまで棲み、石垣や崖に穴を掘る。
特徴 : 全身滑らかな鱗で覆われ
  幼体は黒地に5本の黄白色縦縞が入り、尾は鮮やかな青色。
  成体の背面はオリーブ色~茶褐色で
  体の左右に黒っぽい縞模様が入り、尾の青色部分が消え、胴体とほぼ同色になる。
  オスの繁殖期には喉(のど)の部分が赤味を帯びるそうです。
  類似種のカナヘビに比べると警戒心が強く、動きも敏しょうです。

名前の由来 : 戸の陰にいることから「戸陰(とかけ)」とする説や
  素早く走って隠れることから「敏駆(とかけ)」とする説などがあるようです。

メモ=最近になって「ニホントカゲ」の呼称は、近畿中・北西部~九州に分布するものをいい
  東日本~北海道に分布するのは「ヒガシニホントカゲ」というようになったそうです。
  また、伊豆半島には「オカダトカゲ」というものがいるそうです。



※データは2013年9月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト



テーマ : 生き物
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード