fc2ブログ

ニュウナイスズメ(入内雀)



ニュウナイスズメ18-1z
左2羽はメス、右1羽はオス。


ニュウナイスズメ18-m1z



ニュウナイスズメ18-m2z
↑ 2葉はオス。


ニュウナイスズメ18-w1z



ニュウナイスズメ18-w2z



ニュウナイスズメ18-w3z
↑ 3葉はメス。


ニュウナイズズメ(入内雀)

分類 : スズメ目ハタオリドリ科   夏鳥又は漂鳥
分布 : 北海道~本州以北で繁殖し、冬は暖地に移動。
生息地 : 普通は山地の林に棲み
  冬鳥として渡来すると農耕地や干拓地、草原などに棲む。
体長(全長) : 約14cm   スズメと同大
特徴 : スズメに似ていますが、雌雄の羽色に違いがあり、区別できます。
  オスの頭上から背は明るい赤茶色で、頬(ほほ)は白く、喉(のど)は黒色。
  頬にはスズメに見られる黒斑はありません。
  メスの上面は灰褐色をして
  目の上を通る眉斑(びはん)は白色で、目立ちます。
  オス同様、頬に黒斑はありません。
  オス、メスとも腹側はくすんだ白色です。

名前の由来 : いくつかの説があり
  ニュウとは、古名の黒子(ほくろ)のことを「にふ=にゅう」といい
  スズメのような黒子のないスズメ
  即ち「にふのないすずめ=ニュウナイスズメ」だそうです。

メモ=今まで投稿したニュウナイスズメの画像は
  マナヅルが越冬する隣県の横島干拓で撮影したものでしたが
  今年初めて当地の休耕地に渡来しているのを見かけ
  電線に止まったところを撮りました。



データなどは2015年2月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード