キョウチクトウ(夾竹桃) 



キョウチクトウ1z



キョウチクトウ2z



キョウチクトウ3z



キョウチクトウw1z



キョウチクトウw2z



キョウチクトウw3z


キョウチクトウ(夾竹桃)

分類 : キョウチクトウ科キョウチクトウ属   常緑低木
学名 : Nerium indicum
原産地 : インド パキスタン
特徴 : 樹高3~4m。よく枝分かれして茂ります。
  葉は披針形で厚く、光沢があり、長さ6~20cm。
  枝の先に径4~5cmの花を多数つけ、品種によっては強い芳香があります。
  花は一重が基本だそうで
  5つに分かれた花弁の中心部には糸状に裂けた付属体があります。
  オシベは5つで、花筒の上部につき、葯(やく)は毛状となっています。
  公害に強い花木として知られ、また暑さ寒さにも強いので
  都会の公園や工場敷地などの緑化樹や街路樹として植栽されています。
  枝や葉、花のすべてが有毒ということで、素手で扱わないのが無難のようです。

名前の由来 : 漢名の音読みで、葉が竹に、花が桃に似ていることから。

メモ=園芸品種が多数あり、花色は紅、淡紅、白、黄などで
  花形は一重、半八重、八重があり、斑入りの葉もあります。



スポンサーサイト

Posted on 2017/08/18 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017-08