ヒメハギ(姫萩) 


ヒメハギ1z



ヒメハギ2z



ヒメハギ3z



ヒメハギ4z



ヒメハギ5z


ヒメハギ(姫萩)

分類 : ヒメハギ科ヒメハギ属  多年草
学名 : Polygara japonica
分布 : 日本全土 
  山地の日当たりのいい乾いた草はらなどで見られる。
特徴 : 木のように硬い茎は根元から分かれながら斜めに立ち上がり
  花時の草丈は10cmほどで、後に20~30cmに伸びます。
  葉は卵形~楕円形で長さ1~3cm。
  5枚ある萼(がく)の内2枚は大きく、花弁のように見えます。
  花弁は3枚で、花の大きさは7~10mm程度と小さいです。
  花の先端のもじゃもじゃは、竜骨弁といわれるものが変化したものだそうです。

名前の由来 : 花の姿がハギ(萩)に似て小さいことから付いた名前ですが
  ハギの仲間ではなく、独立したヒメハギ科の植物です。

メモ=この花によく似た園芸種に、常緑小低木の
  スイトピー・シュラブ(別名・ポリガラ)などがあります。



 データなどは2010年4月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/16 Tue. 10:02 [edit]

CM: 0
TB: --

top △