ヒバリ(雲雀) 


ヒバリ17-1z
空中でさえずる姿がやっと撮れました。
大きく切り落としています。



ヒバリ17-2z



ヒバリ17-3z



ヒバリ17-4z



ヒバリ17-5z


ヒバリ(雲雀)

分類 : スズメ目ヒバリ科  留鳥又は漂鳥
分布 : 北海道~四国・九州
生息地 : 農耕地 草地 河原 埋立地など
体長(全長) : 約17cm  スズメよりやや大きく、脚が長い。
特徴 : 丈の低い草が生えている開けた場所を好むといわれ
  羽色は淡褐色で、胸に黒褐色の縦斑があります。
  頭に短い冠羽があり、立てたり寝かせたりします。
  空高く舞い上がってよくさえずり、縄張り宣言をします。
  それ以外では地上での行動が多く
  地面を歩きながら草の実や昆虫を探して食べます。

名前の由来 : 晴れた日に空高く上り鳴くことから「日晴(ひはる)」が訛ったもの。
  漢字表記の「雲雀」は雲に届くほど高く飛ぶ雀に似た鳥という意味。



 データなどは2011年6月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/05/04 Thu. 10:37 [edit]

CM: 4
TB: --

top △