イオノプシディウム 


イオノプシディウム1z



イオノプシディウム2z



イオノプシディウム3z



イオノプシディウム4z


イオノプシディウム(学名読み)
ヒメムラサキハナナ(姫紫花菜)
バイオレットクレス   
ダイヤモンドフラワー

分類 : アブラナ科イオノプシディウム属  1年草
学名 : Ionopsidium acaule
原産地 : 南ヨーロッパ 
特徴 : 草丈は5~10cmと低く、マット状に広がって生えます。
  葉は長い柄を持った小さなハート形。
  花径は7~8mmほどで、花色は環境により白~淡紫に変化するそうです。
  花には仄かな芳香があります。

名前の由来 : イオノプシディウムは学名読みで
  「スミレに似ている」という意味だそうです。
  バイオレットクレス、ダイヤモンドフラワーは英名です。

メモ=秋に種を蒔くと初冬から4~5月頃まで咲き続けます。
  繁殖力は強く、こぼれ種で発芽するそうで
  花壇などから逃げ出して、野草化していることもあるようです。
  近縁種には小さい花がこんもりと咲く「アリッサム」があります。




 データなどは2013年3月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/03/25 Sat. 10:31 [edit]

CM: 2
TB: --

top △