2017年春・荒尾干潟の野鳥たち④ ユリカモメ(百合鴎) 


ユリカモメ171z



ユリカモメ172z



ユリカモメ173z



↓  群れの中に1羽だけ夏羽に(頭部が黒く)なっているのがいました。
こうなっていてもズグロカモメ(頭黒鴎)ではありません。

ユリカモメ174z



ユリカモメ175z


2017年春・荒尾干潟周辺の野鳥たち ④
ユリカモメ(百合鴎)

分類 : チドリ目カモメ科  冬鳥
分布 : 日本全土 
生息地 : 海岸 港 河口 湖沼 河川 など
体長(全長) : 約40cm  ドバトより少し大きめ
特徴 : ユーラシア大陸中北部で繁殖し
  冬鳥として日本各地に渡来する小型のカモメ。
  通常、数十羽の群れで生活しています。
  背と翼上部は淡灰青色をして、翼の先は黒い。
  嘴(くちばし)は細くて赤く、先端は黒色、脚も赤い。
  冬羽では頭部は白く、目の後(耳のあたり)に黒い斑紋があります。
  夏羽の頭部は濃いこげ茶色になり、頭巾をかぶったようになり
  嘴(くちばし)は暗赤色になります。

名前の由来 : 諸説あり、その一つに「入り江のかもめ=イリエカモメ」が転じて
  「ユリカモメ」になり、「百合」は当て字というもの。

メモ=野鳥図鑑などによれば 「伊勢物語(九段)」に出てくる
  「名にし負はばいざ言問(ことと)はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」のミヤコドリは
  前後の文章からユリカモメのことではないかとされています。
 ・東京都はユリカモメを「都鳥=都の鳥」として指定しています。
 ・野鳥図鑑に見られるミヤコドリ(都鳥)
  千葉県、三重県、福岡県などの限られた地域だけに冬鳥又は旅鳥として渡来し、越冬するそうです。



※ データなどは2015年1月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/03/22 Wed. 10:35 [edit]

CM: 2
TB: --

top △