ハクセキレイ(白鶺鴒) 


ハクセキレイ17-1z
メスはオスに比べると黒色部が淡色になるそうです。


ハクセキレイ17-2z



ハクセキレイ17-3z



ハクセキレイ17-4z



ハクセキレイ17-6z


ハクセキレイ(白鶺鴒)

分類 : スズメ目セキレイ科  留鳥又は漂鳥
分布 : 北海道~四国・九州
生息地 : 平地~山地の河原、草地、市街地 海岸など
体長(全長) : 約21cm   セグロセキレイとほぼ同じ
特徴 : 主に北日本で繁殖し、本州以南で越冬し
  市街地でも普通に見られるセキレイ。
  尾羽が長く、額から顔は白く、腹は灰白色
  喉から胸部が黒いモノトーンの野鳥。
  セグロセキレイに似ていますが
  セグロセキレイより白っぽく、頭部全体に白色部分が多い。
  また、白い顔に黒い過眼線(かがんせん)があります。
  飛び立つときなどにチュチュン、チュチュンと鳴きます。

名前の由来 : 尾を上下に振り、尾羽が石にお辞儀をしているように見えるから
  「石(セキ)に礼(レイ)をする」ということからだそうです。
  また、漢字表記のセキレイの「セキ(鶺)」は背筋を表し
  「レイ(鴒)」は、冷たく澄んでいるという意味で
  背筋がピンと伸びた姿を形容した名前だそうです。

メモ=ハクセキレイには多数の亜種がいて
  国内では6亜種が確認されているそうですが
  知識のないものにはその区別はつきません。



 データなどは2013年1月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/03/11 Sat. 10:08 [edit]

CM: 0
TB: --

top △