エナガ(柄長) 


エナガ17-11z



エナガ17-6z



エナガ17-5z



エナガ17-3z



エナガ17-2z


エナガ(柄長)

分類 : スズメ目エナガ科  留鳥または漂鳥
分布 : 北海道~四国・九州
生息地 : 平地~山地の林、樹木の多い公園などで見られる。
体長(全長) : 約14cm。 スズメとほぼ同じ。尾の長さを引けば約半分ほど。
特徴 : 小さくて丸っこい体に短小な嘴(くちばし)と長い尾羽。
 頭の上は白く、黒い眉斑が背までつながっています。
 顔や体の下面は白く、羽毛はふかふかの綿毛のような印象を受けます。
 非繁殖期は群れを作る習性があり
 シジュウカラやヤマガラ、メジロなどと一緒にいることもあります。
 よくさえずりながらちょこちょこと忙しく動き回り、食物を探します。

名前の由来 : 体の割に長い尾羽が柄杓(ひしゃく)の柄のようなことから。

メモ=日本で最小の野鳥はキクイタダキ(菊戴)だそうです。
 しかし、体長(全長)は嘴の先から尾羽の先までを測るそうですから
 エナガの尾羽がスズメやメジロのようなバランスであったとすれば
 この鳥が最小クラスといえるかもしれません。



 データなどは2014年12月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2017/03/09 Thu. 10:28 [edit]

CM: 2
TB: --

top △