プリムラ・マラコイデス 


マラコイデス1z



マラコイデス3z



マラコイデス4z



マラコイデス5z


プリムラ・マラコイデス (学名読み)
セイヨウサクラソウ(西洋桜草)
オトメザクラ(乙女桜)   
ケショウザクラ(化粧桜)


分類 : サクラソウ科サクラソウ(プリムラ)属  多年草(耐暑性が弱いので1年草扱い)
学名 : Primula malacoides
原産地 : 中国中南部
特徴 : サクラソウ(プリムラ)属の仲間は世界で500種以上あるそうで
  マラコイデスはヨーロッパで園芸用に改良されたもの。
  草丈は20~40cm。早い品種だと12月頃から花茎を伸ばして咲き始め
  5月頃まで数段の輪生花を出して咲き続けます。
  花の大きさは2.5cmほど。
  多くの園芸品種が出回っていて
  花色は白、濃~淡ピンク、赤、紫などがあります。

名前の由来=プリムラとはラテン語で「最初の」の意で
  同属の1種が早春に開花することから。
  マラコイデスは「軟質の」意で、葉の柔らかさに由来。

メモ=園芸店でよく目にするプリムラの仲間にはマラコイデスの他
  ジュリアン、ポリアンサ、オブコニカなどがあります。
  その中でもマラコイデスは
  日本に自生するサクラソウやクリンソウ(九輪草)に似ていることもあり
  春先に咲く花として人気があります。
  因みに、ニホンサクラソウ(日本桜草)開花は
  マラコイデスが盛りを過ぎた頃からです。




 データなどは2012年2月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト

Posted on 2017/03/01 Wed. 10:23 [edit]

CM: 0
TB: --

top △