シロツメクサ(白詰草) 



シロツメクサ1z



シロツメクサ7z



シロツメクサ3z



シロツメクサ4z



シロツメクサ5z


シロツメクサ(白詰草)
クローバー

分類 : マメ科シャジクソウ属  多年草
学名 : Trifolium repens
原産地 : ヨーロッパ
特徴 : 人里、田畑、河川敷、草地などいたる所に生え
  ときに群生していることがあります。
  茎は地を這って長く伸び、草丈15~30cm。
  長い葉柄は15cm前後で
  普通卵形の3つの小葉からなり、表面に斑紋。
  葉の腋から伸びる花茎の先に30~70の小花が球状に集まって咲きます。
  一つの花の長さは1cmほど、花径は4mmくらいです。

名前の由来 : 江戸時代にオランダから輸入したガラス製品のパッキング材料として詰められて
  持ち込まれたことからツメクサ(詰草)。
  この仲間の赤色の花は「アカツメクサ(赤詰草)」

メモ=普通、小葉は3枚ですが、まれに4枚のものがあり
  この葉を摘むと、四つ葉のクローバーとして喜ばれます。


スポンサーサイト

Posted on 2015/04/18 Sat. 11:03 [edit]

CM: 0
TB: --

top △