fc2ブログ

2014年冬~2015年春・荒尾干潟周辺の野鳥たち…12



ミヤコドリ1z

マガモの群れに1羽だけ混じり
盛んに採餌していました。

ミヤコドリ2z



ミヤコドリ4z



ミヤコドリ5z



ミヤコドリ6z


2014年冬~2015年春
荒尾干潟周辺の野鳥たち…12
ミヤコドリ(都鳥)

分類 : チドリ目ミヤコドリ科 冬鳥又は旅鳥
分布 : 日本各地
生息地 : 干潟 砂浜 河口など
体長(全長) : 約45cm  キジバトよりひと回り大きい
特徴 : カムチャツカ半島などで繁殖し
  冬に南下する途中に、一部が日本の各地に渡来する。
  東京湾や北九州などの限られた場所に毎年群れで越冬し
  それらを除く全国ではまれな冬鳥、又は旅鳥として見られるそうです。
 ・長く、鮮やかな朱色の嘴(くちばし)が目立ちます。
  頭部から胸と体上面は光沢のある黒色で、体下面は白色のツートンカラー。
 ・主に二枚貝を食し、嘴は縦に平たく、二枚貝をこじ開けたり
  岩に張りつく牡蠣(かき)などの貝を剥がしたりするのに適しているそうです。
  他にカニやゴカイなども食べるということです。

名前の由来 : 古典文学に登場するミヤコドリは
  先に投稿したユリカモメのことというのが定説になっていますが
  鳥類図鑑にミヤコドリの名前で載っているのはこの鳥です。
  しかし、名前の由来は分かりませんでした。

メモ=荒尾干潟でこの鳥が撮影されたのは
  1993年と2011年に次ぎ、この画像が3例目だったそうです。
  私が撮影した翌日以後、数人の人たちによリ観察、撮影されました。



スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード