マナヅル(真鶴)…1 



マナヅルp1z



マナヅルp3z



マナヅルp4z



マナヅルp5z
頭部や羽に褐色が見られるのは幼鳥ということです。


マナヅル(真鶴 又は 真名鶴)…1

分類 : ツル目ツル科  冬鳥
分布 : 主に鹿児島県出水平野
生息地 : 水田 畑 湿地など
体長(全長) : オス127cm メス110cm 
メスはアオサギよりやや大きい
特徴 : 胸から腹、背は灰黒色。
  額(ひたい)から眼の周囲が赤い。
  昼は家族単位で行動し
  夜は全個体が共同ねぐらで眠るそうです。
  雌雄同色。
  絶滅危惧Ⅱ類
(VU)
名前の由来 : ツルとは、鳴き声からとする説や
  群れて飛ぶ様子から「連(つら)なる」がツルとなったという説などがあります。
  また、「マナヅル(真名鶴」とは
  ツルに親しみを込めた美称の「真名」と「鶴」からとする説
  「真魚(まな)」を食べるツルの意とする説などがありました。

メモ=熊本県玉名市横島町の広大な干拓地に
  今年もマナヅルが渡来しているとの情報に接し
  昨年に引き続き、見学に出かけました。
  鹿児島県出水平野に渡来するツルの数は
  ナベヅル、マナヅル合わせて1万羽を超えますが
  その数に遠く及ばないにしても
  横島干拓地は全国で2番目に多いマナヅルの越冬数で
  今年はマナヅル36羽、ナベヅル2羽が越冬しているそうです。
 ・変わり映えしない画像になりますが、3~4回に分けて投稿します。


 データなどは2014年2月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2015/01/31 Sat. 10:53 [edit]

CM: 0
TB: --

top △