fc2ブログ

スベリヒユ(滑莧)



スベリヒユ1z



スベリヒユ3z



スベリヒユ4z



スベリヒユ0z
小さな花に小さなハナアブが寄ってきました。
ヒメヒラタアブの仲間のようです?

スベリヒユ(滑莧)

分類 : スベリヒユ科スベリヒユ属  1年草
学名 : Portulaca oleracea
分布 : 日本全土 
  畑や道端など、いたる所に生える野草(雑草)
特徴 : 茎は太く赤紫色をしていて、地面を這って広がる。
  へら状の肉厚の葉は10~25mm。
  茎先に6~8mmの小さな花をつけます。
  陽が当たっている午前中に開花する1日花。
  花期は長く、7月~今頃まで見られます。

名前の由来 : ヒユの仲間で、うっかり踏むと滑るからという説と
  茹でて食べるとぬめりがあるからという説がありました。

メモ=花が咲く前の赤くて太い茎は食用にされるそうです。
  水戸黄門で知られる徳川光圀は
  凶作のときに備える植物として、この草の栽培を奨励したそうです。
  虫に刺された時に、葉っぱをもんでその汁を患部に当てると痒(かゆ)みが和らぐとか。
  マツバボタンやポーチュラカ(花スベリヒユ)はこれを園芸用に改良したものです。



 データなどは2010年8月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード