スカエボラ 



スカエボラ1z



スカエボラ2z



スカエボラ3z



スカエボラ4z


スカエボラ(学名読み)
ファンフラワー

分類 : クサトベラ科スカエボラ属  半耐寒性多年草
学名 : Scaevola aemula
原産地 : オーストラリア東南部
特徴 : 草丈10~20cm。
  横の広がって伸びる匍匐(ほふく)性植物。
  葉は3~6cmのへら状で、縁に粗いぎざぎざ(鋸歯)。
  葉の腋(わき)から扇を広げたような花を多数つけます。
  花の大きさは2cmほど。
  花期は長く、5~11月頃まで。

名前の由来 : スカエボラとは、ギリシア語で左利きという意だそうで
  花の様子が左手を広げた形に似ていることから。
  別名のファンフラワーは、扇状に花が咲くことから。

メモ=花の姿は野草のミゾカクシ(=アゼムシロ)によく似ています。
  しかし、ミゾカクシはキキョウ科に分類されています。



スポンサーサイト

Posted on 2014/10/31 Fri. 10:59 [edit]

CM: 0
TB: --

top △