イソトマ 



イソトマ2z



イソトマ3z



イソトマ4z


イソトマ(学名読み)
ローレンティア

分類 : キキョウ科イソトマ属  多年草(1年草扱い)
学名 : Isotoma axillaris (=Laurentia axillaris)
原産地 : オーストラリア
特徴 : 草丈20~30cm。
  葉は羽状複葉で、小葉は細い線形。
  細かく裂けた葉の間から花茎を出し、筒状の花を咲かせます。
  花弁のように見えるのは、筒状の先端が裂けて星状に広がったものだそうです。
  広がった花の大きさは4cmほどです。
  花色は青紫のほか白やピンクもあるようです。
  花期は長く、上手に管理すれば4~11月まで咲き続けます。

名前の由来 : ギリシア語の「等しい切片」という意だそうで
  筒状の花の先端が等しく裂けることから。
  別名のローレンティアは、イタリアの植物学者名から。

メモ=茎を切ると切り口から白い汁が出てきて
  これに触れると、人によってはかぶれることがあるそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2014/06/30 Mon. 11:02 [edit]

CM: 0
TB: --

top △