オオジュリン(大寿林) 



オオジュリンz1



オオジュリンz2



オオジュリンz4
(あし)の茎を嘴で割り
その中にいる昆虫を捕らえて食べるのだそうです。


オオジュリンz4



オオジュリンz3


オオジュリン(大寿林)

分類 : スズメ目ホオジロ科  関東地方以南で冬鳥
分布 : 北海道~東北地方で繁殖し、秋に関東地方以南に移動。
生息地 : 平地の湖沼、湿原などの葦原
体長(全長) : 約16cm 
 (ホオジロくらい)
特徴 : オスの冬羽は、頭部と喉は黒っぽく、胸に褐色の縦斑が入る。
  夏羽は、黒い頭部と首の回りが白いそうです。
  ホオジロ類の中では湿潤な環境を好み
  葦(あし)原などに多いということです。

名前の由来 : 「チュィーン」とか「チュリーン」と鳴く声がなまって
  「ジュリン」になったそうです。
  この仲間には一回り小さなコジュリン(小寿林)がいます。
  漢字表記の「寿林」については分かりませんでした。

メモ=この野鳥とは初めての出会いで、図鑑を見たら
  ほぼ同じ大きさで体の色模様が似た鳥に
  ホオジロ、ホオアカ、カシラダカなどがいて
  見極め(同定)に迷いました。
  間違っていたら遠慮なくご指摘、ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2014/02/28 Fri. 10:54 [edit]

CM: 2
TB: --

top △