ヤクシソウ(薬師草) 



ヤクシソウ1



ヤクシソウ2



ヤクシソウ4



ヤクシソウ5


ヤクシソウ(薬師草)

分類 : キク科オニタビラコ属  2年草
学名 : Youngia denticulata
分布 : 北海道~四国・九州  
  日当たりのいい山道、土手などに生える。
特徴 : 草丈30~120cm。
  よく枝分かれした枝先に
  黄色い鮮やかな花が盛り上がるような姿で咲きます。
  葉は茎を抱き、葉裏は白色を帯びています。
  花は10~15枚の舌状花だけで、径は15mmほど。
  花弁の先に切れ込みがあります。
  晴れた日だけに開花し、咲き終わった花は下向きになります。
  花期は8~11月です。
名前の由来 : 諸説あり、その一つに
  頭花の下の苞葉が、薬師如来の光背に見えるからというのがあります。

メモ=この草は、山岳道路の法面(のりめん)などの裸地化した場所にいち早く侵入し
  土壌が安定してくると絶えるそうです。
  ということで、前の年に見かけた場所に今年行ってみると
  花の姿が見えないということもあります。



 データ等は’11年の記事を修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2013/10/31 Thu. 11:09 [edit]

CM: 2
TB: --

top △