ロウバイ(蝋梅) 



ロウバイ1



ロウバイ2



ロウバイ3



ロウバイ4


ロウバイ(蝋梅)

分類 : ロウバイ科ロウバイ属  落葉低木
学名 : Chimonanthus praecox
原産地 : 中国
特徴 : よく枝分かれして樹高は2~5mほど。
  葉より先に芳香のある花が下向き、または横向きに開きます。
  花の大きさは約2cmで、多数の花弁があり
  内側の花弁は小さくて暗赤紫色。
  内側の花弁も淡黄色のものはソシンロウバイ(素心蝋梅)といい、区別されます。
名前の由来 : 花弁が蝋(ろう)細工のようでウメに似た花を咲かせることからという説と
  臘月(ろうげつ=陰暦12月)に咲くウメに似た花ということからの説があります。

メモ=ロウバイの名前で流通し、庭木として栽培されている多くは
  花の色が一様に淡黄色のソシンロウバイ(素心蝋梅)で
  内側の花弁が暗赤紫色をしたこのロウバイ(蝋梅)は少ないです。


スポンサーサイト

Posted on 2013/01/31 Thu. 11:46 [edit]

CM: 2
TB: --

top △