オギノツメ(荻の爪) 

オギノツメ1



オギノツメ2



オギノツメ3



オギノツメ4


オギノツメ(荻の爪)

分類 : キツネノマゴ科オギノツメ属  多年草
学名 : Hygrohila salicifolia (=H.lancea)
分布 : 本州(静岡県以西)~沖縄
  湿地、休耕田などの水辺に生える。
特徴 : 地に這う茎を伸ばし、節から多数の根と地上茎を立て
  草丈は30~50cmほど。
  葉は細長く、長さ5~10cm、幅1cm内外。
  花は葉の腋(わき)に数個かたまって付いています。
  筒形の花の先は上下に分かれ、長さ10mm、径は5mm内外。
名前の由来 : 「不明」だそうです。

メモ=もし、ポピュラーな野草というのがあるとすれば
  この草はそうではなさそうで、手元の図鑑には掲載されておらず
  花の名前を教えてもらうネット掲示板に投稿し、教えてもらいました。


スポンサーサイト

Posted on 2012/09/30 Sun. 12:08 [edit]

CM: 0
TB: --

top △