ベニバナヒメフウロ(紅花姫風露) 

エロディウム2



エロディウム1



エロディウム4
咲き始めのメシベの柱頭は閉じています。


エロディウム3
やがてメシベの柱頭は5つに裂けます。


ベニバナヒメフウロ(紅花姫風露)
エロディウム
(学名読み)

分類 : フウロソウ科エロディウム(オランダフウロ)属  多年草
学名 : Erodium reichardii
原産地 : 地中海西部
特徴 : 草全体に毛が多く、草丈10~15cm。 株は地を這いながら広がる。
  葉は先の丸い卵形で、縁には丸みのある粗い鋸歯(ギザギザ)がある。
  花径は15mm前後。花弁に濃い色の筋が入る。
  花弁の付け根には白い毛がある。
  開花期は6~10月と長いです。
名前の由来 : 日本に自生するヒメフウロ(姫風露)はフウロソウ属で
  こちらは外国原産のエロディウム属です。
  二つを区別するためベニバナヒメフウロと呼ばれます。

メモ=学名を Erodium reichardii としましたが
  何種類かの園芸品種が出回っているようで
  正確な学名ではないかもしれません。
  あるネット図鑑には Erodium × variadile とされているのもありました。


スポンサーサイト

Posted on 2012/07/31 Tue. 11:51 [edit]

CM: 0
TB: --

top △