fc2ブログ

サツマヒメカマキリ(薩摩姫蟷螂)


ヒナカマ2



ヒナカマ1



ヒナカマ3



ヒナカマ4
(隣町の熊本県南関町大津山公園で3月29日撮影)


※2018年11月28日 Anostracaさんから
 この画像は

サツマヒメカマキリ(薩摩姫蟷螂)

とのご指摘を受けました。

すぐにでもデータなどの書き換えをすべきですが
しばらく時間を頂いてから訂正いたします。


Anostracaさん有り難うございました。





ヒナカマキリ(雛蟷螂)

分類 : カマキリ目カマキリ科
体長 : 12~18mm
分布 : 本州(新潟県以西)~沖縄
  低い樹上、林床などに棲(す)む。
特徴 : 日本にいるカマキリの仲間では最小。
  体は褐色で、個体によっては全身が黒く見えるほどのものも。
  ほとんどが♀で単為生殖し、♂はまれに出現するとされています。
  こうした生態はトビナナフシに似ているそうです。
  図鑑によれば出現期は8~10月とされていますが
  コブシの花の中で見つけました。

メモ=風に揺れる花の中に小さな虫がいるのに気付きカメラを向けました。
  フレームを通して見たら、小さなカマキリでした。
  足場が悪く、体は揺れるし花も揺れるで、それと分かるような写真は撮れませんでしたが
  コブシの花が咲く3月下旬に見つけたヒナカマキリとして投稿することにしました。



スポンサーサイト



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード