fc2ブログ

カンツバキ(寒椿)

カンツバキ1


カンツバキ2


カンツバキ3


カンツバキ4
オシベが花弁化している花もありました。

カンツバキ(寒椿)
シシガシラ(獅子頭) ハイカンツバキ(這い寒椿)

分類 : ツバキ科ツバキ属  常緑低木
学名 : Camellia sasanqua cv.Fujikona
  Cameliia × hiemalis ' shishigashira'
  Camellia hiemalis Nakai
原産地 : 不明
特徴 : 枝が横に伸び、樹高はせいぜい1mくらい。
  葉の表面は光沢があり、長さ3~6cmの長楕円形で
  縁には鋭い小さなギザギザ(鋸歯)がある。
  花は桃紅色の八重で直径5~7cm。花弁は14~18枚で大小がある。
  公害に強いので、車道と歩道の間の植え込みに使われたり
  グランドカバーのように仕立てられたりする。

メモ=ツバキの名前が付いていますが
  園芸の世界ではサザンカの園芸品種に分類されています。
  一説には、中国原産のカンツバキ(寒椿)と自生のサザンカ(山茶花)との交雑種といわれたり
  サザンカの変種ではないかともいわれ、その来歴は定かではないようです。
  そんなこともあってか、学名にも混乱が見られました。
  また、関東地方ではシシガシラ(獅子頭)と呼ばれたり
  樹高が3mになるタチカンツバキ=略して『立ちカン』に対し
  横に広がる性質があるため『這いカン』と呼ばれたりするそうです。

タチカンツバキ(立ち寒椿)は、明日投稿します。


スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード